INITIAL起業家紹介 note

14
ノート

【リニューアル・社名変更のお知らせ】 ami は INITIAL に生まれ変わりました。

2019年11月18日、amiを提供する株式会社ジャパンベンチャーリサーチは株式会社INITIALに生まれ変わります。

INITIAL トップページ:https://initial.inc/

最初の一歩を踏み出す勇気

「INITIAL(イニシャル)」という社名には、「挑戦する勇気と機会を生み出すプラットフォームをつくる」という、私たちのビジョンへの意志を込めました。

日本最大級のスタートア

もっとみる
ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
3

世の中に真のインパクトを。ARスタートアップが挑む、「リアル」の未来。

昨今、スタートアップ業界におけるバズワードのひとつである、AR。
ARとは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されるが、目の前の景色にバーチャル映像を重ね合わせることで、文字通り「世界を拡張」することができる。

無から有を生み出すことができるその技術は、小売や医療など様々な業界でイノベーションを起こしているが、その中でもAR×エンタメの軸で「リアルな体験」のアッ

もっとみる
ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
1

「人」こそインフラ。反骨精神が拓く、イントレプレナーからアントレプレナーへの道。

プロフィール

リファラルが可能にする「全社員人事部化計画」

ー MyReferさんの事業内容をお聞かせいただけますか。

「会社とつながる全員をファンにする」というコンセプトで、リファラル採用を促進するプラットフォームを運営しています。
リファラル採用とは、社員の知人や友人を紹介・推薦してもらい、選考する採用手法のこと。表面的な求人情報や履歴書に書かれた経歴よりも、リアルで生々しい情報に価値が

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
7

「もったいない」だけでは解決できない。フードロスを解決する新たなビジネスの切り口

プロフィール

生産性を間食でアップデートする

ー「誰の」「どのような問題を」「どう解決する」サービスですか。

「snaccuru(スナックル)」は企業の従業員が身体の状態によって仕事の生産性が低下してしまうという問題を、血糖値や栄養素のバランスを整えるオーガニック・ヘルシー版の置き菓子で解決するサービスです。

現在日本では、プレゼンティズムコスト(身体的な影響で生産性がどの程度下がるかを表

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
4

挑戦する人の想いを灯しつづけたい。共感のマッチングでパラレルに働ける世界を

新聞、テレビ、インターネットと様々な場面で新しい働き方として、複業に注目が集まっている。

国としても個人にあった働き方を進めており、複業をする人の人数も年々増え300万人が見えてきている。

ただ一方で、まだまだ複業人材の受け入れ側の体制が整備されていない、仕事を見つけにくいといった問題も生じている。

今回は、共感という切り口で複業を支援するtomoshibi 田中さんにお話を伺ってきた。果た

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
7

「分からないまま理解し楽しむ」アートを通して人とモノとお金が循環する世界を求めて

世界のアート市場を見てみると、その市場規模は米国は2.84兆円、中国は1.42兆円となっている。

それに対して日本のアート市場規模は2437億円(全体の3.6%)。日本のGDPが世界3位ということを考えると、とても小さい。

「一般の人でアート作品を買ったことがない理由の1位は「特に理由がない」で、アート作品を購入するという選択肢が一般の人たちにはほとんど共有されていないんです。」とTAMENT

もっとみる
ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
5

指先から無限の可能性を生み出す「エンジニアリング」に魅せられた男たちの挑戦。

1965年に発売された美輪明宏のヨイトマケの唄をご存知だろうか。
その楽曲内で成功者の代名詞として用いられた職業はエンジニアである。当時の大学進学率は20%台、まさにエンジニアはその名の通り理系大卒者のエリートを象徴する語だった。

それから半世紀。引き続きエンジニアの貴重性は変わることなく、経産省は2030年には78.9万人の人材不足が生じると試算。ITの技術革新に伴い需要は増える一方だが、供給

もっとみる
ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
13

「正解なんて必要ない」こどもの未来を拓く正解のない白紙のレシピ

平成28年度の共働き世帯は約63.0%、その割合は年々増加している。共働きが進むにつれて増えてくる問題が「育児と家事の負担の増加」だ。

そんな育児と家事の問題を同時に解決できるサービスがある。

そのサービスの名前はハクシノレシピ。

サービス自体は「自宅に料理を作る先生が来て、子どもが一緒に先生と料理を作る」というシンプルな仕組みだが、そこには脳科学的に裏付けられた他にはない仕組みがあった。

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
2

「社会のワクワクの総量を増やしたい」教育領域から挑む起業家の頭の中

昨今、英会話や学校の授業、音楽、飲み会など、分野を問わずオンラインにおけるサービスやコミュニケーションが増えてきている。

渋川さんも、そんなオンラインで学習サービスを提供する起業家の1人だ。

しかし、彼が提供するのは単なる学習手段のサービスではない。

手軽に学ぶことのできる学習方法が増えてきたからこそ、大変複雑になってきている「何を、どのタイミングで学べばいいのか」という部分にフォーカスを当

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
5

男を突き動かすのは、コーヒーへの「愛」と「使命感」。まだこの世にはないものを生み出すために。

朝の目覚めの一杯や、帰宅後ホッと一息をつく瞬間、その手にコーヒーがある読者も多いのではないだろうか。

生活の一部として受け入れられて久しい、コーヒーの「本当の味」を届けたい。コーヒーに関わる全てのひとが幸せになる世界をつくる。
ただ真っ直ぐにその想いを胸に走り続けるのは、KOANDRO株式会社CEOの大澤広輔氏。

「大変なことも沢山あったけれど、楽しさと使命感のようなものがそれを上回っている。

もっとみる
嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
6