ami起業家紹介 note

7
ノート

世の中に真のインパクトを。ARスタートアップが挑む、「リアル」の未来。

昨今、スタートアップ業界におけるバズワードのひとつである、AR。
ARとは「Augmented Reality」の略で、一般的に「拡張現実」と訳されるが、目の前の景色にバーチャル映像を重ね合わせることで、文字通り「世界を拡張」することができる。

無から有を生み出すことができるその技術は、小売や医療など様々な業界でイノベーションを起こしているが、その中でもAR×エンタメの軸で「リアルな体験」のアッ

もっとみる

「社会のワクワクの総量を増やしたい」教育領域から挑む起業家の頭の中

昨今、英会話や学校の授業、音楽、飲み会など、分野を問わずオンラインにおけるサービスやコミュニケーションが増えてきている。

渋川さんも、そんなオンラインで学習サービスを提供する起業家の1人だ。

しかし、彼が提供するのは単なる学習手段のサービスではない。

手軽に学ぶことのできる学習方法が増えてきたからこそ、大変複雑になってきている「何を、どのタイミングで学べばいいのか」という部分にフォーカスを当

もっとみる

男を突き動かすのは、コーヒーへの「愛」と「使命感」。まだこの世にはないものを生み出すために。

朝の目覚めの一杯や、帰宅後ホッと一息をつく瞬間、その手にコーヒーがある読者も多いのではないだろうか。

生活の一部として受け入れられて久しい、コーヒーの「本当の味」を届けたい。コーヒーに関わる全てのひとが幸せになる世界をつくる。
ただ真っ直ぐにその想いを胸に走り続けるのは、KOANDRO株式会社CEOの大澤広輔氏。

「大変なことも沢山あったけれど、楽しさと使命感のようなものがそれを上回っている。

もっとみる

「孤独な時間を埋めるつながりを広げたい」コミュニティに見出した可能性

「次の時代に求められる会社とは、孤独という社会問題を解決する企業ではないか」
株式会社Asobica CEO 今田孝哉さんはそう話し始めた。

コミュニティ支援サービス「fever」で今田さんが目指す未来のカタチはなにか。

キーワードは孤独と持続可能性。コミュニティについて考え続けて見えた答えにせまる。

コミュニティが継続して活動できる基盤を作りたい

ー「誰の」「どのような問題を」「どう解決

もっとみる

「人は1人では変われない」15年身体と関わり続けてわかった自分の戦いかた

「株式会社ふんどし部」
この名前を聞いて一体何人の人が事業内容をイメージできるだろうか。

「何をしている会社なのか?」「売っているのはやはりふんどしなのか?」

今回はそんな疑問だらけのスタートアップ、ふんどし部 代表取締役社長 星野さんに真相を聞いてきた。

プロフィール

スケールする人を支える泥臭いビジネスでありたい

ー「誰の」「どのような問題を」「どう解決する」サービスですか。

ふん

もっとみる

「やりたいに出会い続ける世界をつくる」ために。人と組織の新しいカタチ

「別に起業をするつもりはなかったんです」とSpready株式会社代表取締役CEOの佐古雅亮氏は笑う。
「自分より前に誰かがやっていたら、そこにジョインしていたでしょう」とも。

雇用を前提としない、HR事業としては異例のサービスSpready。
採用がゴールではないからこそ提供できる「人と組織の新しいカタチ」。

10年以上人材業界に身を置き続けた佐古氏が見据える未来とは。

人と組織の“縁”をつ

もっとみる
ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
2

「限られた人生の、過ぎていく時間を意義あるものに感じたい」起業して見えたHappy Growthな人生論

「すごい限られた人生の中で、もう戻ってこない時間を何か意義あるものに感じたいと思っています。」

そう話すのは株式会社空 CEO 松村さん。

今回は、AIを用いてホテル料金の適正価格を導き出すサービス「MagicPrice」の全容と松村さんが目指す未来について、語ってもらった。

ホテルの料金設定をスマートに最適化する

ー「誰の」「どのような問題を」「どう解決する」サービスですか。

Magi

もっとみる