アートボード_1

「ハエ→肥料」で二度おいしい。暫定CEOに聞く、MUSCAの技術のユニークさ

本記事は、MUSCA流郷さん(@Ayanorobo )のamiライブ配信の書き起こしです。

株式会社ムスカ 代表取締役暫定CEO 流郷 綾乃さん

amiファシリテーター佐久間(以下、佐久間)
MUSCAの流郷さんです。よろしくお願いします。

MUSCA流郷さん(以下、流郷)
よろしくお願いします。

最短でCEOを下りることが私のミッション

佐久間
MUSCA暫定CEOの流郷さんですが、暫定とは何ですか?

流郷
登記上も、代表取締役 暫定CEOです。

私たちMUSCAの事業は、日本国内だけではなくて海外に展開しなければいけないという思いがあるということと、目指している市場がナスダックなので、ナスダック上場経験があるような方をアサインするために「CEOを空けているよ」というアピールです。

「エグゼクティブクラスを全部空けているよ」という、肩書も採用広報に利用する、すこしチャレンジングなことをやらせていただきました。

私とは別に代表取締役会長として串間がおります。

佐久間
つまり、いまもCEOは絶賛募集中ということですか?

流郷
そうなります。

海外市場についての知識が必要ということに加え、飼料肥料の販売だけではなく、バイオマスリサイクル工場の販売など、業務範囲が広いので、マッチングするのが大変なんです。

中途半端な人材がCEOになるよりも、そういった方をアサインできるよう、私が暫定CEOになっています。

佐久間
CEOの人が来たら流郷さんと交代するんでしょうか。

流郷
最短でCEOを下りることが私のミッションだと思っています。もちろん、CEOを交代したとしても、ずっと応援し続けたい、関り続けたい事業だと思っています。

※本文中の写真は、amiライブ画面のキャプチャーです

佐久間
ミッションなんですね。

流郷
はい。基本的にはPR戦略が私の得意なことなんですよ。

つい先日も新聞に掲載していただきましたし、少し前はジャパンタイムズさんに掲載していただきました。そうすると、「新聞で見ました。出資したいんですが」という問い合わせがエンジェル投資家さんなどからきたりします。

佐久間
今のお話にもありましたけど、初期のCEOや起業家の人にとって重要なことは、ストーリーを話して仲間を集めるということですよね。

PRや広報につながる話なので、PRのご経験がある流郷さんが暫定CEOをやっていることは理にかなっていますね。

流郷
そういっていただけると救われます。今は資金調達もやっているので、ものすごく勉強をしながらやっている、という感じですね。

佐久間
いきなり事業と全然違う観点から入りましたが、ムスカがどういう会社で、何を目指しているのか、簡単にお話いただきたいなと思います。

ハエが資源になるシステムとは

流郷
私たちは、ハエで地球を救おうとしています。地球や世界が抱えているごみ問題や食糧危機といった課題を解決できる企業です。

何をするかというと、畜産の排泄物や生ゴミのような有機廃棄物に、ハエの卵をパラパラとまきます。1週間放置すると、ゴミを全て食べつくして大きくなった幼虫と、その幼虫の排泄物からなる有機肥料になります。

循環を早めてバイオマスリサイクルシステムを実現し、ゴミから2つの資源を生み出すという会社なんです。

※仕組みを説明した解説アニメーション動画

佐久間
すぐ理解するのは難しいですね。(笑)

流郷
自然界ではハエが、ウンチにたかってたりするじゃないですか。

それは、4億年前から生態系に組み込まれていて、ずっと同じことを行っているんですけど、自然に飛んでいるハエよりもMUSCAのハエのほうがサラブレッド化されているので、さらに短期間でそれをできてしまう。そのおかげで、事業化できるということですね。

分かってきました?(笑)

佐久間
10%ぐらい分かりました。30%ぐらいまで理解を引き上げたいですね。

まず出発点は、ハエが有機廃棄物を食べる。食べて、糞を出して、糞を出すことでその廃棄物が分離されるということですよね。何と何に分離されるんですか?

流郷
惜しい!!ちょっと違います。分離の話は、幼虫は、飼料になり、幼虫の排泄物が有機肥料になります。

佐久間
なるほど。幼虫と幼虫の排泄物に分離されると。それぞれが何に使われるんですか?

流郷
幼虫自体は、豚やニワトリ、魚の餌になります。幼虫の排泄物は農業で使う有機肥料になります。

佐久間
有機廃棄物をハエの幼虫が食べて、その幼虫は排泄を行うと。そうすることで、幼虫自体は家畜とかタンパク源の飼料になる、幼虫の排泄物は植物にとっての肥料になるということですね。

流郷
合っているんですが、少し勘違いしているかなって思ったのは、ゴミに対してハエの卵をパラパラとまくところですね。

うちのハエは、サラブレッド化されているので8時間ぐらいでふ化するわけですよ。

人間は食物を胃の中で消化しますが、ハエの幼虫は、胃が外に出ている感じなので、消化酵素を垂れ流しながらゴミの上を歩いてるわけです。幼虫も、必要な栄養素をゴミから吸収することで大きくなっていきます。

じゃあ、なぜ幼虫が下から出てくるかというと、土の中からさなぎになるために外に這い出してくるからですね。

セミとかもそうじゃないですか。土の中から外に這い出してくる。それと一緒で、ハエの幼虫も外に這い出して来るので、それを乾燥させて餌にします。

一方、垂れ流された消化酵素がかかったゴミが、要するに排泄物ということなので、それも有機肥料にする。そうして、100%バイオマスリサイクル、ゴミが一切出ない工場が生まれる。

佐久間
なるほど。ひろたさんからの質問で、「通常のハエでそれをやろうとすると、どれくらい時間がかかるんでしょうか?」と来ています。早さが想像できないということですかね。

MUSCAシステムの異次元のスピード

流郷
通常のハエでやろうとすると、3週間ぐらいかかります。

しかし、我々のハエだと1週間で処理ができますね。

つまり、10倍ぐらいの効率がよくなったという感じですね。

幼虫は、飼育スペースが過密空間になるので、大きくなるのが難しいです。自然界にいるハエは自由に生きていますけど、このシステム上では過密空間でも生きる必要があるわけです。

佐久間
ハエの家畜化みたいな感じ?

流郷
その通りです。そのための選別交配を行うことによってサラブレッド化していくというイメージですね。

佐久間
成長スピードもそうだし、家畜として育てることに適したハエということですか。

選別交配でつくられたというお話でしたが、そもそもどうやって、サラブレッドのハエが生まれたんですか。

流郷
競走馬みたいな感じですね。

過密空間でも成長するハエや、ストレスを感じずに卵をバンバン産むハエ、卵から孵化させられる能力があるハエ、幼虫からすぐ成長するハエ、そうした特徴のあるハエを選別するという感じなんです。

佐久間
たとえば、お米とかもそうですね。災害に強いとか育ちが早いとか。それと同じように、ハエに関してサラブレッドのハエをつくっていったと。

流郷
そうです。それが、1,100世代以上にのぼります。

佐久間
1,100世代、すごいですね。ハエが死ぬサイクルがだいたい3週間だから、3週間×1,100の時間がかかったということですか?

流郷
だいたい2週間ぐらいで卵産まなくなるので、2週間×1,100ですね。宮崎にラボがあるので、よかったら見にきてください。

佐久間
ここまでお話いただいて、20%ぐらい理解したと思います。

このハエを選別交配させてつくるというのは誰でもできるんですか?時間さえかければできるんでしょうか?

流郷
選別交配のノウハウを知っていれば、個人でも開発できますよね。でも、選別交配のノウハウを私たちがブラックボックス化しているので、今のところ、私たちしかできていないです。

選別交配を行ってきて、その種を保存しているのが私たちなので、今でもまだ、ちょっとずつレベルが上がっているんです。

ムスカ肥料の衝撃

佐久間
まっちーさんからコメントで、「普通の肥料と比べて機能的な違いはありますか?」と来ています。

流郷
すごくいい有機肥料ができます。

たとえば、人間であればビフィズス菌で腸を整腸させることがありますよね。それと同じように、共生菌といわれる、土の中の菌を調整させる働きを持った有機肥料をつくることができます。

何らかの菌が突出してしまうと作物に悪さをするんですけど、それぞれの菌が均一に保たれている場合は、土壌がすごく豊かになるわけです。実際に、収量がものすごく伸びたり、実がすごく大きくなりますね。

佐久間
実が大きくなるの!? すごいですね。

捨てるしかないか、埋め立てるしかないような処理が難しい廃棄物に対して、選別交配された家畜化されたハエが関わることで、栄養もよくて作物も早く育つ、対植物・動物の飼料や肥料が出来上がるということですかね?

流郷
高性能な動物性たんぱく質飼料と、高性能な有機肥料ができあがるということです。

みなさんがお金をかけて処理しているゴミを、そういった形で活用できます。

佐久間
どんな作物で肥料が使われているんでしょうか。

流郷
いろんな実験をしていてます。結果としては野菜の収量がほぼ2倍になったり、根っこの生え方もすごいよくなるんですよね。大学との共同研究の結果、お米であれば収量が15%増加したことも分かっています。

本当にオーガニックな作物をつくりやすいのがうちの肥料の特徴です。

佐久間
根っこが張ると味が強くなるって感じなんですか。

流郷
もちろんそうですよ。張りがよくなると、その土から吸収する栄養分も多いですし、そうすると実が増えます。そのレベルが突出しているというのがうちの有機肥料だと思います。

佐久間
そろそろ時間なんですけど、コメントでも「凄すぎる」ときていますね。MUSCAさんのHPにも情報は載っていますか?

流郷
情報載っています。ぜひご覧ください。

佐久間
ぜひ見ていただきたいなと思います。

この次のライブ出演が、TeaRoomの岩本さんなんですが、まさにお茶用の肥料を使ったらいいんじゃないかと思います。

流郷
そう。ぜひ一緒に!(笑)

佐久間
今日はありがとうございました。

流郷
ありがとうございました。

過去の記事はこちら


嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
6

ami

起業家と未来の仲間をつなげる「ami」の公式noteです。 https://ami.live

amiライブ note

「起業家とサポーターがつながるライブアプリami」のライブ配信の様子を書き起こし、編集してお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。