見出し画像

研究資金に、新しいチャネルを。チームだから目指せる「ビジネス」と「研究」の両立の形

本記事は、アカデミストさん(@RShibato)のamiライブ配信@オフィスの書き起こしです。

アカデミスト株式会社の皆さん

上左:代表取締役 柴藤 亮介さん 上中:academist Journalチーム 周藤 瞳美さん 上右:academist Journalチーム 下城 裕佳さん
下左:クラウドファンディングチーム 大塚 美穂さん 下右:クラウドファンディングチーム 荒井 俊さん

amiファシリテーター 松岡(以下、松岡)
では、本日の配信を始めたいと思います。いつもと背景が違うんですが、本日は起業家さんのオフィスから配信したいと思います。

本日は、academistの柴藤さんに来ていただきました。よろしくお願いいたします。

academist 柴藤さん(以下、柴藤)
よろしくお願いします。

松岡
今回、オフィスを移転されたということで、おめでとうございます!(拍手)

柴藤
ありがとうございます。

松岡
早速、この素敵なオフィスを皆さんにご覧いただきたいなと思うんですが、カメラさん、ちょっと様子を映していただくこと可能ですか?

いやー、素敵なオフィスですね!

柴藤
そうですね。快適で、私たちもモチベーションを日々高めながら仕事をしております。

松岡
やっぱりこれだけきれいだったら会社に来ようという気にもなりますよね。(笑)

柴藤
そうですね。それだけで生産性が1.5倍ぐらいの気持ちにはなって仕事できますね。

※オフィスの様子

松岡
引っ越しは大変でしたか?

柴藤
一気に断捨離しながら必要なものだけオフィスに移せたので、けっこうスッキリしましたね。

松岡
「コワーキングスペースですか?」と質問がきていますが、こちらはコワーキングスペースになりますか?

柴藤
そうですね。私たちは、このInspired.Labさんの一角をお借りしています。

一般的なコワーキングスペースというふうに言って間違いないかなと思います。

松岡
スタートアップにとってオフィス移転は1つのマイルストーンでもあり、大きなチャンレンジの1つだと思うんですが、なぜ移転という決断をされたんでしょうか?

柴藤
今回はお世話になっている投資家の方からご紹介いただいたんですが、academistのオフィスを人の出入りを行いやすい場所にして、仕事をしたいという思いは昔からありました。

こちらは色々なスタートアップや、大企業がどんどん入居されていますし、思いもよらないコミュニケーションや刺激が生まれて、私たちにとってはプラスになるんじゃないかと考え移転をいたしました。

松岡
御社のサービスから考えると、いろんな人が出入りするという環境はイノベーションにもつながりますよね。

柴藤
私たち自身も閉じたスペースではなく、開放的なスペースでさまざまな業種の方とコミュニケーションすることによって、academist自体を進化させるヒントを得られたりしますので、大変よい環境だなと思っています。

松岡
来てよかったことは、具体的に何かありますか?

柴藤
早速、大企業の方との交流を通じて、何かできないかという会話のスタートを切ることができています。

何気ないコミュニケーションから、「実はこんなことをやっているんです」みたいな話題から広がる可能性があったりするので、そこは以前のオフィスとの大きな違いだと思っています。

松岡
堅苦しい会話から生まれるものよりも、普通の会話から出たものが、示唆に富んでいたりすることも多いですよね。

柴藤
まさにおっしゃる通りですね。

私たちは研究者の皆さんに、「研究室の外に出て、専門家とどんどん交流しましょう!」と言っている立場なので、「まずは自分たちが実践しなくては!」という思いはありますね。自分たちでやってみて、その必要性を発信していくことで、興味を示してくれた研究者たちを巻き込んでいきたいです。

松岡
ここで改めて、クラウドファンディング、academistの事業の概要をお話いただければなと思います。

柴藤
私たちは研究者の方々の研究費獲得をクラウドファンディングという方法でサポートする事業を行っています。

これまでだいたい100名近くの方にご活用いただきまして、延べ1億円弱の研究費が一般の方々、個人の方から集まっているという状況です。

もう1つ、academistのクラウドファンディングのインフラとも言えるacademist Journalという学術系メディアも運営しております。さまざまな分野の研究成果の発信をacademist経由でサポートすることで、別の分野の研究者からのリアクションや、一般の方々からの声を拾えるようにしていきたいと思っています。

この2つの事業を今、メインの事業として進めているところです。

松岡
本日はオフィスにおじゃまをさせていただいたので、早速、academistさんの事業を担当していらっしゃる方に出ていただきたいなと思います。

社員の方2名に来ていただきました。よろしければ、お名前と担当している業務も含めて自己紹介をお願いいたします。

academist 大塚さん(以下、大塚)
academistの大塚と申します。

私は今、クラウドファンディングのプロジェクト運営を主に担当しています。

とくに自然科学系のプロジェクト、いわゆる理系と呼ばれる分野の研究について研究者の方とお話をして、実際にプロジェクトをつくって目標金額を達成できるよう一緒に動かしています。

松岡
ありがとうございます。それでは、よろしくお願いいたします。

academist 荒井さん(以下、荒井)
academistの荒井と申します。

僕はエディターという役職で働いています。主に、大塚と一緒にクラウドファンディングの運営やプロジェクトページをつくったり、academist Journalの記事編集を主にやっています。

academistのメンバーは自然科学系のバックグラウンドを持っている人が多いんですけど、僕だけ人文社会科学がバックグラウンドなので、人文社会科学は基本的に全て僕が引き受けて担当しています。

松岡
この2名でクラウドファンディングチームが動いているんでしょうか?

柴藤
そうですね。クラウドファンディングの業務の中で、プロジェクトをつくって達成までサポートをするといった業務は基本的には、このチームで担当しています。

松岡
お話をお聞きすると、担当されている業務がけっこう独立していて、1人でかなりの業務を、裁量権があるのかなというイメージなんですが、その辺りはいかがでしょうか?

柴藤
裁量は大きいですね。たとえば、ある研究プロジェクトを進める際に、どこをどのように押し出すとサポーターの方々に刺さるかというところは、個々のスタッフの主観を大切にしながら、研究者と一緒にプロジェクトのコンセプトを決めています。

松岡
大塚さんにお聞きしたいんですが、今やられている業務で難しいなと思うポイントと、うれしいと思うポイントをそれぞれ教えていただいてもよろしいですか?

大塚
難しい点としては、やっぱりサポーターの獲得というところですね。研究者にとってもおそらく一番難しく、頑張りどころにはなるんですけれども。

関心がある方や情報を求める方に届けて、面白いと思ってもらってサポートしてもらえるよう、研究者の方と一緒に頑張っているところです。

松岡
自然科学系の、理系のプロジェクトを担当しているというところで、サポーター集めのところで苦労する部分も多いのかなと思うんですが、どういうところにとくに難易度を感じますか?

大塚
専門性をいかに分かりやすく、でも極端に分かりやすくしすぎないようにバランスをすごく意識しています。やっぱり研究って専門性が高かったり、難しいと思われる部分も押し出すべき特徴の1つかなと思いますので。

そこを面白いと思ってもらえる方をリサーチして、まずはその方々に届けたいなというところですね。今は面白いと思っていない方にも、関心を持ってもらえる流れをつくれるのがベストですが。

松岡
荒井さんの担当している業務とも連動してくるのかなと思うんですが、身近ではないものを分かりやすく伝えるようなページ作成はすごく難しいなと思うんですが、その辺りいかがですか?

荒井
そうですね。タイトル1つとっても、短い文でいかにプロジェクトの魅力を伝えるかはすごく大変だなと思います。

もちろん専門性をページに盛り込むということもやっているんですけど、研究者が「その研究をすることでその先どうなりたいか」「社会がどうなるか」というところを書くことで、そこに共感いただいて魅力的なページになるということもノウハウとして積み上がっていると思います。

松岡
そう考えてくると、エディタさん然り、実際にサポーターさんを集めることにしても、1個1個のプロジェクトにすごく寄り添って、またはきちんと得意分野じゃなくても理解する姿勢が重要かなというふうに思うんですが、その点はいかがですか?

大塚
本当にその通りですね。(笑)

基本的に主役は研究者の方なんですけど、最初から最後までずっとサポートし続けるというのは私たちの特徴でもあり、強みでもあるところかなと思います。

松岡
「academistに入ったきっかけは?」と質問が来ているんですが、よろしければ大塚さんからお聞きしたいと思います。

大塚
お金を研究者、研究業界に回したいというのが私の一番のモチベーションです。

今は国の予算以外のお金がなかなか研究業界に流通していない現状だと思うので、他の流れをつくることが大事だと思います。もともとそんな課題感を持っていたので、academistは面白い仕組みを作っているなと思い、かかわり始めたのがきっかけです。

松岡
ありがとうございます、荒井さんもお願いします。

荒井
academistのメンバーの中では、僕だけ人文社会科学がバックグラウンドにありますが、基礎科学全般が大変と言われている中でも、人文社会系の学問が一番窮地に立たされているという問題意識がありました。

それを解決する手段として、academistで何かできるんじゃないかということで、僕もジョインして一緒にサービスを大きくしようと頑張っています。

松岡
お二方ともすごく日本の研究に対する課題感がすごく大きいと思いますが、ビジネスサイドとして入社されたのはどうしてかもお聞きしたいです。

大塚
そういった面で言うと、民間企業が取り組むことそのものが、これまでになかった関わり方になるので、新しい流れのきっかけになると考えています。

どうしても、「社会貢献」みたいなかたちだと、これまでと変わらないんじゃないかと。

研究者であっても、お金を集めて何か対価を返すというところを意識しなきゃいけないですし、それが一番分かりやすいのはビジネスという世界という印象を持っています。

松岡
荒井さんはいかがですか?

荒井
学問と社会が交流するチャネルがもう1つあってもいいのかなと。税金という公的な仕組みや、NPOのような非営利団体、あるいは人文社会科学系でいえば出版や新聞といった既存のビジネスによるチャネルもありましたが、それ以外のチャネルがもう1つ増えることで活性化すると思っています。

松岡
「社員だけが知る、柴藤さんの意外な一面というのを教えてほしいです」と質問がきています。

大塚
ちょっと言葉選びが難しいんですけれど。(笑)よくも悪くも雑、大雑把という感じですかね。(笑)

松岡
荒井さんいかがですか?

荒井
めちゃくちゃお酒に詳しいです。(笑)尋常じゃないぐらい詳しくて、普通にバーを経営できるんじゃないかレベルで詳しい。(笑)

あとは服を何でも着こなせます。

松岡
たしかに柴藤さんシュッとしておしゃれですよね。

ここで社員の方、もう2名来ていただいておりますので、大塚さんと荒井さんと交代していただきます!

大塚・荒井
ありがとうございました。

松岡
柴藤さん、よくも悪くも雑なところがあるというところですが。

柴藤
そこは自分でも思い当たるところはありますね。

今年4月に新チームが発足するまでは、ほとんど全てのプロジェクトを自分でまわしていたのですが、現在はひとつ上の視点でサービスを捉え、施策を考えることができるようになりました。1から10まで設計してから進めるというよりは、ラフな絵を書いてみて「これはどうですか?」とチームで共有することが増えてきた気がします。役割分担のバランスは、これから一層重要になりますね。

松岡

ありがとうございます。それではバトンタッチということで改めまして、自己紹介をよろしくお願いいたします。

academist 周藤さん(以下、周藤)
academist Journalで編集長をやっております、周藤と申します。

さっきお話があったと思うんですけど、academist のオウンドメディアであるacademist Journalの編集長として、コンテンツの作成や運営方針を決める仕事をしています。

academist 下城さん(以下、下城)
私も同じくacademist Journalで編集のお仕事をしています、下城と申します。

academist Journalの中で「研究コラム」というコンテンツを作成するために、面白い研究を探したりプレスリリースを読んだりして、ぜひ寄稿してもらいたいと思う研究者にコンタクトを取って、記事にするという一連の業務を担当しています。

松岡
クラウドファンディングチームとはまた働き方が変わってくるのかなと思うんですが、Journalチームはどういう働き方をされていらっしゃるんですか?

柴藤
2人とも別のお仕事を持っていたり、週5で関わっているかたちではないんですが、研究者の方へ研究コラムの依頼のメールを送っていただいて、実際に寄稿を編集するといったお仕事をしていただいています。

この媒体は3年間続いているんですが、アクセスもかなり増えてきていて、academist Journalを通してacademistを知ったという方もいるように、非常に重要なお仕事を担っていただいています。

松岡
ということは、academistの間口としてすごく大切ですね。

柴藤
まさにおっしゃる通りです。

松岡
科学者や研究者が発表すると言えば、論文や著名なジャーナルというところになってくるかなと思うんですが、少し違う立場として、academistの編集で意識されていることはございますか?

周藤
一般向けのメディアとしてつくっていますので、論文調というより、なるべく一般の人たちに馴染み深くなるような文体で書いてください、とお願いするようにしています

松岡
下城さんはいかがですか?

下城
周藤さんと同じになるんですけど、難しい研究の内容を一般の人にも分かりやすくという点と、研究の手法や結果、それまでの経緯といった面白い部分が伝わるような記事になればいいなと思いながら編集をしています。

松岡
素晴らしい編集の気合を感じるんですが、なぜacademist さんにジョインされたんでしょうか?

周藤
私はもともと柴藤と学生時代から知り合いで、立ち上げ当初からずっとお仕事を手伝いながらここまできています。

academist Journalを立ち上げようと思ったのは、academistというクラウドファンディングのサービスだけだと、どうしても研究者にとって利用するハードルが高いものになってしまうからですね。

論文になった研究成果を記事で紹介するということであれば、クラウドファンディングにチャレンジしていただくのに比べて研究者の方にご利用いただくハードルが下がるかなと思いましたし、まずは記事を書いてアウトリーチをやってみようと研究者の方に提案することもできますので、学術系クラウドファンディングをさらに盛り上げていく仕組みとして、academistと一緒にやらせていただくことになりました。

松岡
下城さんはどういったきっかけがあったんでしょうか?

下城
私は少し個人的な事情になるんですけど、academistに参加する以前は別の企業で全く別の職種で働いていました。ですが個人的な家庭事情で国外にしばらく行くことが決まって、以前の会社で勤め続けることができなくなったんですね。

そこで国外にいてもできるお仕事として、学生のときからよくしていただいた編集長の瞳美さんにお仕事を誘っていただきました。

もともと働く前から学問の発展であったり、一般の人にも学問の楽しさや面白さを共有することにずっと興味があったので、自分の興味もお仕事で活かせることにすごく魅力を感じて、academistに参加させてもらうことになりました。

松岡
実際に参加されていかがでしたか? academistチームの雰囲気であったり、柴藤さんの経営者具合であったり。(笑)

柴藤
公開ディスリが始まった!(笑)

下城
今まで勤めていた企業と比べると規模も少人数ですし、学生の研究室みたいな、アットホームで楽しい雰囲気がすごく居心地がよくて、私はacademistがとても好きですね。

柴藤
ありがとうございます。

松岡
周藤さん、長い付き合いだというところですが、柴藤さん、学生時代と今と変わったところとか、変わらないところってございますか?

周藤
基本的にはずっとこういう感じですけれども、会社を運営し始めてからちゃんとしてきたかなって。(笑)

プレゼンはもともとすごく上手だったんですけど、最近磨きがかかってきたなと思います。

柴藤
ありがとうございます。

松岡
柴藤さんにはすごくamiに参加していただいているんですが、やはり研究者の方への深い愛というものと、この日本自体の研究開発の土壌づくりというものにすごく邁進されています。

academistとしては、一般の方にどのように興味を持たせられるかというところが1つ目的になってくるのかなと思うのですが、編集長としてその点いかがお考えですか?

周藤
長い目で見ていただきたいというか、学問の根というものを絶やしたくないと思っています。

今、私たちが享受している技術の恩恵は、肥沃な学問の土壌からその芽が生まれてきたものですので、その芽を育てる一端を担っていきたいと思いながら当社のサービスを運営させていただいております。

松岡
今回、合わせて4名の社員の方にご出演いただいたんですが、柴藤さん、素晴らしいメンバーですね。

柴藤
そうですね。今日登場した4名以外もエンジニアとかデザイナーとかさまざまな方にサポートをいただいているんですけども、これだけ優秀な方に支えられているサービスですので、これはもう失敗できないと言いますか、粘り強く最後までサービスを拡大するというところにいかなくてはいけないと日々感じています。

その中で自分ができることは、しっかり道を示して第一歩を踏み出して、チームみんなにやる気になってもらって、事業を進めていくことをブラさずにやっていきたいと思っています。

松岡
事業拡大を皆さんで邁進しているところ、amiも背中を押し続けていきたいなと思います。それではみなさん、ありがとうございました。

過去の記事はこちら


嬉しいグォー!これからも応援よろしくグォ!
3

ami

起業家と未来の仲間をつなげる「ami」の公式noteです。 https://ami.live

amiライブ note

「起業家とサポーターがつながるライブアプリami」のライブ配信の様子を書き起こし、編集してお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。