アートボード_1__1_

仕事との関わり方にグラデーションをつける。「人版クラウドファンディング」で目指す世界

本記事は、tomoshibi 田中さん(@kakesong)のamiライブ配信の書き起こしです。

アーカイブ動画

起業家紹介

株式会社TOMOSHIBI 代表取締役CEO 田中 駆

スキルがお金を代替えする

amiファシリテーター 町田(以下、町田)
本日はtomoshibiの田中さんに配信していただきます。よろしくお願いします。

どのようなサービスをされているかご説明いただいてもよろしいでしょうか?

tomoshibi 田中さん(以下、田中)
よろしくお願いします。

tomoshibiはざっくりいうと人版クラウドファンディングのプラットホームです。

何かやりたいことがある人や新しいプロジェクトを始めた企業がtomoshibi上にプロジェクトを立ち上げると、それに共感した人が「これならできるよ」「これだったら一緒にやりたいです」というように集まり、チームを組めるようなプラットホームを運営しております。

町田
一般的なクラウドファンディングは応援してみたいプロジェクトに対してお金を投資することが多いですが、tomoshibiも同様のイメージですか?

田中
tomoshibiはお金ではなく仲間が集まるところが一番の強みです。それが人版クラウドファンディングと言っている理由です。

町田
つまり、スキルや経験をベースにお金ではなく応援者自身がプロジェクトに参加するということですか?

田中
そうですね。何かやりたいことがあっても、人が足りない場合は多くあります。場合によっては人手不足はお金よりも深刻な問題になったりもします。

なので、エンジニアのスキルを持っていたり、デザインのスキルをもっている人をプロジェクト単位で集められる仕組みをつくっています。

町田
どういった思いでtomoshibiを始めようと思ったのですか?

田中
tomoshibiは「挑戦する人の想いを灯し続ける」という思いを込めて名付けています。

昨今バズワード的に複業やパラレルキャリアというワードが言われていますが、「仕事があるけど新しいことをやってみたい」という人にとって、安心して挑戦できる場所をつくりたいと思っています。

クラウドファンディングがもたらす空白

町田
挑戦する場所というと、「挑戦するハードルが低い、心理的安全性がある」などいろいろあると思いますが、どのようなイメージですか?

田中
これは2つの立場があると思います。

1つ目はプロジェクトを立ち上げる側です。

立ち上げる側にとって「こういうことをやりたいから一緒にやってくれる人いませんか?」と頼むのはハードルが高い状況でした。

FacebookやTwitterでオープンに募集すると、残念ながら「ちょっと意識高くない?」といった、挑戦を妨げるようなコメントが飛んできたりします。そこでtomoshibiという仲間集め専用のプラットホームをつくることでプロジェクトを立ち上げる側が声を発しやすくなり、挑戦するハードルを低くできると思っています。

またプロジェクトに関わる側も、今まで何か新しいことを始めようと思っても、自分で起業するか転職するかしかありませんでした。もちろん人によって感じ方は違いますが、どちらもハードルが高いと思っています。

なので、すでに面白そうなプロジェクトが多くあり、自分のできる範囲で「一緒にやりたいです」と手を挙げられる場所があることは、関わる側のハードルも下げられると思っています。

町田
お金という解決手段もあるなかで、なぜ人に注目したのですか?

田中
これは卵が先かニワトリが先かの問題と同じだと思っていて、お金があればできるものなのか、もしくは人があればできるものなのかを判断するのってなかなか難しいと思うんですよね。

クラウドファンディングがここ数年で大きく広がったので、お金を集める仕組みはだいぶ普及して、新しいことを思いついた人がどんどん手を挙げられるようになってきました。

しかし一方で「お金はあるけど人がついてこない、お金集まったけど人がいなくて実行できない」という状況は未だにあり、非常にもったいないと思っています。

会社だと採用といわれるものをもっと民主化する仕組みはまだないので、それをtomoshibiというかたちで実現しようと思っています。

「採用を民主化する」

町田
「採用を民主化する」とは具体的にどのようなイメージですか?

田中
人を採用するとなると、採用サービスを利用するお金がかかり、0→1をやる人にとってはなかなか難しいというのが現状です。

そこで、tomoshibiを通して0→1フェーズのそういった採用ハードルをもっと下げていきたいです。

町田
そもそも田中さんがtomoshibiを始めるという一歩を踏み出すきっかけはなんだったのですか?

田中
学生時代に学生だけのNPO法人で理事をやっていた経験が大きいですね。

その当時も自分たちの実現したい熱い想いをもって挑戦していました。ただ、仲間集めにとても苦労しましたし、関わっていた周りの団体もすごく素敵なビジョンを持ち活動をしているのに、仲間が集まらないことが原因で活動が打ち切りになったりすることが多くありました。

そういった経験から、人を集めるハードルを下げる仕組みがあったらいいなと当時から思っていました。

また実際に社会人になって働いてみると、思いに共感し新しいことを始めようと思っても、今の仕事もやりつつ、「やってみたいです」と手を挙げたり、プロジェクトを見つけるハードルは高いと感じました。

想いを持って活動をしている人がいて、新しいことを始めたくて共感できるものを探している人もいるにもかかわらず、両者をマッチングできないのは大きな機会損失ですよね。それなら、その仕組みをつくっちゃおうかということで始めたのがtomoshibiです。

今までの点が1本の線になった瞬間

町田
tomoshibiを始めるまでに葛藤や苦悩はありませんでしたか?

田中
tomoshibiを思いついてから行動に移すまで、期間で言うと3カ月ぐらいしかかかっていません。

大学のときからソーシャルビジネスに興味があり、専攻も起業戦略という「会社を興す戦略」の勉強をしていました。

なので、どこかのタイミングでソーシャルビジネスで起業したいというのは心の中にありましたし、会社勤めをしていたのも起業アイデアが明確にイメージできるまではスキルを磨こうと思ったためです。

なので、tomoshibiのモデルが頭の中に降ってきたとき、今まで自分が悩んでいたことや考えていたことが1本につながり、「これだ!」となってからの行動はとても早かったですね。

町田
起業するにあたり怖さはなかったのですか?

田中
以前1度起業を諦めざるを得ないことがあり、挑戦するのが怖くなってしまった時期があったので、怖さは正直ありました。

ただ、同じように怖かったり悩んでいる人がいるなかで、もっといろんなかたちで新しいことに挑戦できる仕組みがあったらその人たちも救われると思い、自分をモチベートしていました。

また今の時代、会社勤めをしているから安心なのかと言うとそうではなく、個人のあり方次第だと僕は思っています。

僕自身複業でカメラマンやデザインの仕事を受けていたので、食えるお金がなくなることはないという自信があったのことも大きかったです。

町田
自分でプランBを持っていたからこそ挑戦できたということですか?

田中
そうですね。tomoshibiが果たす役割もその部分が大きいと思っています。

業やパラレルキャリアの本質的な役割は、それがあるからやりたいことに挑戦できたり、本当にやりたいことをやりたいと言えるといった部分だと思います。複業が目的になるのではなく、自己実現のための手段として認識できるようになるといいなと思っていて。

tomoshibiを通じて新しいことにチャレンジすることで、それが自分のもう1つのキャリアになるような使われ方をされたいです。

人生の優先順位を見極める

町田
複業と本業の立ち位置や優先順位などの議論が多くされていますが、田中さんはその点についてどのような認識を持っていますか?

田中
前提として複業をする人は、自分の任されている役割をしっかりとこなせる人であるべきだと思います。それによって、周りの人に迷惑をかけるのはよくないことですよね。

と言っている僕も本業をやりながら複業をやり、本業のほうがちょっと「うーん。。」となったことは正直あります。周りに迷惑をかけたことももちろんあります。

なので、しっかりと自分のやるべきことをできた上で「じゃあ挑戦!」というのが一番いいことなのではないでしょうか。

という社会人的な前提はあった上で、最終的には自分のキャリアなので、自分の人生の中でやりたいことの優先順位を付けて、それが本業と別のことなのであればやってしまえばいいと思います。

というのが僕の個人的な意見ですね。(笑)

町田
複業とかパラレルワークという働き方のどこに、一番可能性や楽しみを感じているのですか?

田中
挑戦のハードルが下がることだと思います。

たとえば、セールスをやっている人がエンジニアになりたいと思っても、パッと仕事を辞めてエンジニアに転職できるかと言うと、なかなか難しいと思うんですね。

そこで、仕事しながら平日の夜にプログラミングスクールに通いつつ基礎を覚え、少しづつでも個人で友達の案件を受けたりするのがパラレルキャリアだと捉えています。

その後、エンジニアとして活躍できると思ったらエンジニアの道に行くのも1つですし、そのまま別のキャリアを同時進行で進めていくのも1つだと思います。

そのように、パラレルキャリアや複業にすることで新しいことに挑戦できるようになるのは魅力的ですよね。

自分のスキルは誰のためのものか

町田
複業をしていたからこそよかったご自身の体験はあります?

田中
複業でカメラマンをやっていたので、共感したNPOにお金は出せないけどカメラマンとしてだったら協力できるという場面がありました。複数の仕事やスキルをもっていたおかげで、共感をお金以外の形で表せるのはいい点だと思います。

自分の持っているスキルや力を誰のために使うのかを常に自分の中で考えるようにしています。

町田
「tomoshibiの仕組みは採用と何が違うの?」という質問がきていますがいかがですか?

田中
一般的な採用より前のフェーズをカバーしているイメージです。

どういう部分の違いを聞きたいかによると思いますが、今のtomoshibiのユーザーさんの多くは、一般的に言う採用が金銭面などの理由でできないフェーズの人たちです。

たとえば、これから1人で会社を登記しますという人が、Wantedlyさんに月額3万円を払って採用ができるかというと、難しいんじゃないかと思います。

そこでそういう人たちが、「こういう人達が何人ずつ必要なんです」という声をあげて、それに対して共感した人が手を挙げてジョインしていくという使われ方が多いです。

つまり、tomoshibiの延長戦上によく言う採用があるという感じですね。

町田
先ほど共感をベースにした仲間づくりというお話がありましたが、共感は可視化できないので、「相手が共感しているのか?」を判断するのが難しいと思いますが、判断のポイントはありますか?

関わり方にグラデーションをつける

田中
共感するしないの判断する方法については、僕も明確な答えを持っていません。

ただ共感の度合は意識するようにしています。僕は関わり方にグラデーションをつけると表現していますが、共感にも「めちゃくちゃ共感する」から「ちょっと関心がある」というものまで複数のパターンがあります。

そのグラデーションを把握し、「本当に共感した」人に対しては共同創業者になってもらう勢いで勧誘をしたり、「一緒にやりたいな」という人にはスキルワーカーとしてスポットで手伝ってもらったり、「興味があるな」という人にはアンバサダーやフォロワーとして入ってもらったりと、関わり方にもグラデーションをつけるのがいいと思っています

町田
最後に1問だけ「tomoshibiでの関わり方は雇用契約とか業務委託ではなく、どちらかと言うとボランティアに近いかたちですか?」という質問がきていますがいかがですか。

田中
これはプロジェクトによりけりです。

実際に業務委託や契約社員という枠で募集しているところもありますし、ボランティアのケースもあります。

町田
初回配信をやってみてどうでしたか?

田中
早いですね!(笑)思った以上に早く感じました。

町田
第2回の配信もあるのでぜひご覧いただければと思います。

それでは、今日はありがとうございました。

田中
ありがとうございました。

文・写真:ami編集部


ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
4

ami

起業家と未来の仲間をつなげる「ami」の公式noteです。 https://ami.live

amiライブ note

「起業家とサポーターがつながるライブアプリami」のライブ配信の様子を書き起こし、編集してお届けします。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。