見出し画像

社会を巻き込んでつくる放課後スクール。人材育成のこれからとは?

本記事は、Hand-C仁禮さん(@ayakatimeleaper)のamiライブ配信の書き起こしです。

株式会社Hand-C 代表取締役 CEO 仁禮 彩香さん

amiファシリテーター森(以下、森)
本日は、Hand-Cの仁禮さんにお越しいただきました。

Hand-C仁禮さん(以下、仁禮)
こんにちは。


まず、今日初めてご覧いただく方もいらっしゃると思うので、仁禮さんがどういうことをやっているのか簡単にご紹介いただけますか?

仁禮
私は今、株式会社Hand-Cという会社の代表をしています。

小学生から高校生までの子どもたち向けの放課後のプログラムや、企業向けのリーダーシップ研修、人材育成のプログラムを開発している会社です。


実は仁禮さんは起業経験が2社目なんですよね。

前回の配信では、「小学校のときに日本の教育に違和感を覚え、中学生でその課題を解決するために会社を起業された」という衝撃のお話をお聞きしました。(笑)

仁禮
そうですね。ちょっとざわつかせましたね。(笑)


前回は起業前のストーリーというところが中心だったので、今日は、足元、会社の話を深掘っていけたらなと思っております。早速ですが、私から質問をします。

今が2社目の起業ということでしたが、1社目の起業で「こんな学びがあった」ということを教えていただけますか?

1社目を起業したことで得た学び

仁禮
1社目は中学二年生で始めたので、すべての体験が新しいものでした。

組織として動くことの意味やそのあり方について広く認識できたのは、1社目の経験のおかげかなと思っています。

1社目の会社は、社長の私は学生だし、働いてくださっていた大人の方はみんな副業で、とてもフレキシブルな働き方をする会社でした。

大人の方々は自分たちで仕事をしていて、金銭的に生活も問題ないけれど、「自分の人生を豊かにするためにグローパスで働きたい」と言って関わってくれた方が多かったです。

あたりまえですが、中学生の私より大人のメンバーの方が仕事はできて、でももちろん私にしかできないことがあって、適宜話し合いながら、役職で括らなくても自然と役割分担はできました。中学生の私にはできなかったことが組織を通す事でできるようになるというのは、まさに組織として動く意味でした。

こういった経験から、2社目のHand-Cでは、どんな人たちとどのように仕事をしていくのか改めて考え直しましたし、今も自分よりも経験値の高い人に助けてもらいながら運営することを大切にしています。「いろんな人をいろんなかたちで巻き込む」働き方も、1社目で学んだことかなと思います。


なるほど。もう人生3周目ぐらいしているような言葉ですね。(笑)法人やビジネスの機能を1社目で学んだんですね。

今でこそ「働き方改革」という言葉が浸透していますけど、すごく先進的ですね。

仁禮
「働く」ということが「企業に就職する」ではなく、それぞれが仕事をつくるということですね。

自分たちは学生で夕方まで学校に通っているので、平日はそのあとの時間と土日しか働けないですし、大人の人たちも忙しくほかの仕事をしています。

多様なバックグラウンドのメンバーが一緒に働ける仕組みを考えると、フレキシブルな働き方を選択するしかないですよね。逆に普通の仕事の仕方を知らないからこそバイアスもないし、やりやすさを追及した結果が、自由な働き方になったということですね。

ですから自分たちとしては、「え?これが普通じゃない?」と思っていましたね。


知らないからこそバイアスもないし、やりたいことを追及した結果が、自由な働き方になったということですね。

その学びを得て、今は2社目として、放課後のスクールの運営をなさっていますが、具体的にはどういうところが特徴なんですか?

多世代が交わる放課後スクールの形

仁禮
いま、テストとしてやっていて、一番機能しているのが、小5~高3までの「Hand-Cサタデースクール」です。

前回配信でもすこし話しましたが、「社会接続」「自己認識」「多世代交流」を大事にしていて、小5~高3までの子どもが一緒にプログラムを受けるんですよ。

たとえば最近の授業では、お金の仕組みについて学ぶというものがありました。「カレー屋さんの収支計画書と基本データを元に、カレー屋さんの経営を改革する方法を考えコンサルする」というテーマで、小5~高3の子どもが一緒にチームで考えるものです。

「お金」という存在自体は変わらないけど、「利益追求」「ビジョン追及」のどちらをベースにして考えてみても、「関わる人やとらえ方によってお金の意味合いが変わる」という、そういった概念まで一緒に学ぶ授業をやっています。

学校では学べない「社会の中で活かされる考え方や経験」、自分はどういう人なのかという「自己認識」、学校ではあまり会うことがない先生や保護者以外の社会人、多世代と接続するという「社会接続」を大事にしてプログラムを作っています。


すごくいいプログラムだと思ったんですが、そのプログラムを考えることが肝じゃないですか。誰が考えてどんな人が教えているんですか?

仁禮
基本的にはわれわれHand-Cがプログラムを考えていますが、いろんな方に協力していただいています。あるテーマについて、一番それを体現している人とか、そのテーマが伝わりやすい人に来てもらって授業をするという形ですね。

授業に入る前に、事前にディスカッションをたくさんして、彼らから内容についての意見をいただきながら、毎回オリジナルでつくっています。

たとえばお金の授業では、フードトラックのプラットフォームをつくるビジネスをやっているmellowさんの前代表と現代表の2人がメンターで来てくれたんです。

自分たちのビジネスモデルも、小学生にも分かるように説明しながら、お金の概念についてもファシリテーションしてくれました。

今年から始めたものなので、今も模索しながらやっている最中です。


手探りでやっているんですね。

仁禮
そうです。


そういう講師の人はどうやって探しているんでしょうか?

仁禮
たとえば、最前線で自分たちの会社を動かしたり、社会と向き合っている人たちは、「人材育成の大切さ」をすごく痛感しています。

「大人になってから、会社に入ってからじゃなくて、それよりもっと前にやらなきゃいけないことってあるよね」と感じている人たちが多い。

そこを社会課題と感じている人たちがたくさんいて、支援したいと思ってくれている人が多いです。

「教育」は本質的な課題なので、どんな分野の人でもみんな共感してくれるんですよね。

起業が早かったので人脈ではあまり困っていないので、ピンときた方に「一緒にやってくれませんか?」というと「いいよ」と二つ返事で応じてくださることがほんとに多くて。

そういう方々はみんな、「仁禮ちゃんは僕に何も返さなくていいから、代わりに社会に返してね」と言うんですよ。なので「なんとしても社会に返さなきゃ」という気持ちにさせてくれますね。


仁禮さんの今の役割としては、ビジョンに共感してくれた人をつないでつないで巻き込んでいくことなんでしょうか?

仁禮
今はどのプロセスにも理念を浸透させていきたいので、すべてのプロセスに関わっています。

どんどん社内でチームも増えていくので、そういう理念やビジョンをチームと共有して、任せるという軸に移行していく段階だと感じています。


「すごい」と、ため息のように出てしまった。(笑)

仁禮
いえいえ。ありがとうございます。


あかしさんから、「生徒さんはどこからどういう人が集まってくるんですか?」ときています。

仁禮
今は広告をかけていないですが、自分たちのFacebookで投稿して、メンターの方もそれについて投稿してくださると定員は埋まりますね。


すごい!

仁禮
少人数制ですし、テスト期間なので、親御さんを含め考えを理解してくださっている方と支えてくれるプラットフォームをつくれるのが一番いいです。

なので、なるべく全く知らない人たちというよりは理念が先で、友人の友人みたいに、つながっている方々が多いですね。


どちらかというと、そのビジョンに熱量高く反応してくれている人が多い。

仁禮
そうです。そういう人たちが多いですね。


ぜにーさん、「自分の小さい頃にそういうワークショップがあったらすごく視野が広がりそうだなと思った」とか、佐久間さんから、「海外に行かなくても世代交流で大きな刺激があるんだな」とコメントがきています。

今はそういう、コンテンツとかビジョンをとにかく浸透させるというところに熱量を高くするフェーズだと思うんですけれども、これから拡大するフェーズになっていくんですか?

仁禮
そうですね。プログラムを1つ1つつくっていく過程というのは、とてもアナログです。

コメントでも「収益化して、サスティナブルな事業にすることが大変そう。その点はどうですか?」って聞いてくださっているんですけど。

教育はライブなので、絶えず変わるというのは基本なんですけど、それをサスティナブルにしていくには、チームと資金が必要です。

これから展開していくときに、プログラムの絶対数も増えていくはずですし、調整の仕方も変わりますよね。

たとえば、今は保護者の方から授業料をいただくという仕組みになっているんですけど、別の機関に学費を支援してもらう仕組みにしていくとか、プログラムによって考えられるなと思っています。

お金の出し手は、地域なのかもしれないし、企業なのかもしれないし、保護者なのかもしれないし、いろんなかたちがありますよね。


そこらへんは来年以降なんですかね。

仁禮
そうですね。来年の2月に一旦このテストが終わるので、そのあと大きく動くかなと思います。


その準備のために、1つニュースがあるんですよね。

仁禮
そうなんです。うちの会社にピョートル・フェリクス・グジバチさんという方がジョインされます。

「ピョーさん」とわれわれは呼んでいるんですが、ポーランドの方で、もともとGoogleでHRを担当されていた方なんです。


『ニューエリート』の本を書いている人ですよね?

仁禮
そうです。『ニューエリート』の本を書いている方です。

ニュースとしては、ピョーさんがうちの取締役をしてくださることに決まりました。


素晴らしい。おめでとうございます。

じゃあ、来年アクセルを踏むとき、ピョーさんが入ってかなり力強くなりますね。

仁禮
そうですね。これからがすごく大事になってくるので。


ピョーさんにも一緒に出てほしいですね。

仁禮
今度呼んでみます。(笑)


裏話の話も教えてもらえればなと思うので、引き続きよろしくお願いします。

過去の記事はこちら


ありがとうグォ!シェアして一緒に盛り上げて欲しいグォ!
6
2019年11月15日amiはINITIALに生まれ変わりました。スタートアップの今と未来を徹底解説。資金調達をはじめとした定量面での分析情報、起業家や投資家への独自取材による充実のコンテンツをお届けします。https://initial.inc/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。